シャンプーの成分について

    シャンプーの成分についてまとめています

シャンプーについて

By on 2017年01月01日

現在は、多くの方が毎日シャンプーしていますが、今のようなシャンプーが日本に登場したのはそれほど昔のことではありません。シャンプーが登場したのは、戦後とのこと。それでも昔は今のように毎日髪の毛を洗うような習慣はなく、現在のような習慣が見られるようになったのは更に後のことです。

シャンプーにはいくつかの種類があります。一つは「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれるもので、泡立ちも良くて汚れも落ちますので多くの方が使っています。価格を見ても手頃になっていますので、私たちの生活に一番身近なシャンプーとも言えるかもしれません。また、「石鹸系シャンプー」と呼ばれる洗浄力の高いシャンプーもあります。こちらは、皮脂が多い方が選ぶことが多いようですが、肌や髪の毛に刺激が強いというデメリットもあります。場合によっては、使い続けた場合髪の毛がごわついてしまうこともあります。また、「アミノ酸系シャンプー」は、髪の毛や地肌に刺激が少ないのが良いところです。泡立ちがあまり良くなかったり、洗浄力が穏やかであるなどのデメリットもあるのですが、ダメージを感じている髪の毛にはオススメのシャンプーです。

シャンプーの中には、界面活性剤が含まれています。これが含まれていることによって、髪の毛や地肌に付着している整髪料や余分な皮脂などを取り除くことができるのです。高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプー、そしてアミノ酸系シャンプーそれぞれに、異なった界面活性剤が含まれています。当サイトでは、シャンプーに含まれる界面活性剤について紹介します。