シャンプーの成分について

    シャンプーの成分についてまとめています

アミノ酸系

By on 2017年01月12日

髪の毛や地肌のことを考えたら、アミノ酸系のシャンプーも是非検討して頂きたいところです。アミノ酸系シャンプーのメリットは、地肌にも髪の毛にも優しいことです。アミノ酸による合成界面活性剤が使われているので、刺激も穏やかです。それに、必要な皮脂まで取り除いてしまうような心配もほとんどありません。また、乾燥肌などでお困りの方にもオススメです。

しかしながら、所謂オイリー肌タイプの方の場合は、髪や頭皮を洗う際に洗い残しがないように十分気を付ける必要があります。高級アルコール系シャンプーを使って洗う場合と比べた時、アミノ酸系シャンプーの洗浄力はどうしても低い傾向があるからです。シャンプーする時は、予めブラッシングして汚れ類を浮かせるようにしてからシャンプーは始めた方が良いでしょう。

先にお湯だけで十分洗ってから、次にシャンプーを使って洗うといった方法もオススメです。こうすることで、より確かな洗髪ができるようになります。もちろん、この方法はアミノ酸系シャンプーを使う時だけでなく、どんなタイプのシャンプーを使う場合にもオススメしたい方法です。髪の傷みが気になる時などは、髪や頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使って、丁寧に洗ってみてください。

高級アルコール系

By on 2017年01月05日

一日過ごした髪の毛や頭皮には、たくさんの汚れや皮脂、ホコリなどが付着しています。また、髪の毛をセットしたりツヤを出したりまとまりをもたせる為に、ムースやワックスなどを使う方もたくさんいます。こういった整髪料は、水やお湯だけで洗ってもしっかりと取り除くことが難しく、その為にシャンプーの中には界面活性剤が含まれています。界面活性剤には、色々な働きがあります。髪の毛に付着した余分なものが髪の毛から離れやすくなり、それらはシャンプーの泡に包まれ洗い流されることになります。

界面活性剤は、シャンプーのタイプによって種類も異なっています。ドラッグストアやスーパーなどで販売されている多くのシャンプーは、「高級アルコール系シャンプー」が多く、これらにはラウリル硫酸成分が含まれているものもあります。

洗浄力も高く泡立ちやすいので使いやすいのですが、ラウリル硫酸成分は髪の毛や頭皮に与える刺激が多い傾向がありますので、髪や頭皮が弱っているような時や敏感肌の方などは注意して選ぶ方が安心です。場合によっては、必要な皮脂まで取り除いてしまうこともあります。また、高級アルコール系シャンプーには、界面活性剤として動植物油脂を用いているものもあります。

シャンプーについて

By on 2017年01月01日

現在は、多くの方が毎日シャンプーしていますが、今のようなシャンプーが日本に登場したのはそれほど昔のことではありません。シャンプーが登場したのは、戦後とのこと。それでも昔は今のように毎日髪の毛を洗うような習慣はなく、現在のような習慣が見られるようになったのは更に後のことです。

シャンプーにはいくつかの種類があります。一つは「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれるもので、泡立ちも良くて汚れも落ちますので多くの方が使っています。価格を見ても手頃になっていますので、私たちの生活に一番身近なシャンプーとも言えるかもしれません。また、「石鹸系シャンプー」と呼ばれる洗浄力の高いシャンプーもあります。こちらは、皮脂が多い方が選ぶことが多いようですが、肌や髪の毛に刺激が強いというデメリットもあります。場合によっては、使い続けた場合髪の毛がごわついてしまうこともあります。また、「アミノ酸系シャンプー」は、髪の毛や地肌に刺激が少ないのが良いところです。泡立ちがあまり良くなかったり、洗浄力が穏やかであるなどのデメリットもあるのですが、ダメージを感じている髪の毛にはオススメのシャンプーです。

シャンプーの中には、界面活性剤が含まれています。これが含まれていることによって、髪の毛や地肌に付着している整髪料や余分な皮脂などを取り除くことができるのです。高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプー、そしてアミノ酸系シャンプーそれぞれに、異なった界面活性剤が含まれています。当サイトでは、シャンプーに含まれる界面活性剤について紹介します。